ひきこもりの夜の散歩4/2 猫探知

夜の散歩4/2 正確には4月3日03:00から
昨日は雨が降ったけど今日はすがすがしい夜だった。
いつものように猫はいるかと、廃屋付近でしゃがんで夜目を
効かせじぃっと辺りを見渡すが見当たらない。
いつもいるわけではないけど少し寂しい。
以前は夜に猫なんて見つけられなかった。
しかし毎夜歩くにつれ発見度がました、というかコツが掴めたのだ。
それは簡単なことでしゃがんで視線を感じる方を探るだけ。
視線を低くすることで月明かりをうまく利用できるからだ。
月明かりは馬鹿にできない、夜でも手に光を反射させ
蛍光塗料が塗られていない時計の時間も分かるほど強い時がある。
けど携帯で暗闇の中でも時間を知ることはできるからわざわざ
そんなことはしないけどね。
時間を知るといえば昔は猫の目で時間を知ることもあったという
あくまで緊急用ということで忍者がよく使った、と子供向けの
本で読んだ記憶がある。猫は昼になるにつれて瞳孔が狭くなり
夜になると光をたくさんとりいれるため瞳孔は広くなる。
この猫の特性を用いて現在時刻をおおまかだが知ることができたらしい。
忍者が隠密行動をするときには傍らに猫がいたかもしれない。
なんてね。