自分の価値観に迎合出来ぬ者を徹底的に痛めつける勘違い勝者コミュニティ

ずっと前とある掲示板で
インテリぶった、いかにも苦労しらずのお坊ちゃまがいいそうな
「貧乏でも奨学金もらえれば進学できたでしょ、あんたは
努力が足りない、自己責任だよ」という旨のことを
経済的、家庭的な事情で進学できなかった18歳の子に
言い放ったのでむきになって書き込んだレスです。
無気力になる人は子供のときから好きな事をさせてもらえなかった
人に多い、抑圧されすぎて無気力になる。
貧困家庭、世帯年収の低い家庭に無気力な若者が多いのもそのせい。
親に頼っても許される時期に頼らなかった、または頼らせれもらえなかったという経験を持つ人はこの掲示板にもいるはず。
けど世の勝ち組はそれを認めない、認めさせないようにする。
なぜなら逆に考えれば自分達はそのような人たちよりも良い
環境で生きてきたことになるからだ。
勝ち組は自分の力だけでのし上がってきたという認識を
守りたいので『環境によって生まれ差』はないものとする。
その差を認めたくないために、また有利な状況ばかりで戦ってきた
事を隠したいがために人の才能、成長そのたもろもろは環境に
よって左右されないとしたいのだ。
 色々と削除
(続き)
例としてあげれば
アルバイトもせず部活動もせずにただ勉強をしているだけでいい
生徒と、したい部活動もあきらめ家庭の事情でアルバイト
や家事を強制されている生徒のどちらが勉強がはかどるかは
一目瞭然。勉強は時間より質だよというお門違いのことを言う奴も
いるが勉強に費やされる時間が多いほど有利になるのは当然だろう。
ゲームでも例えれるとすればこうだ。
あるゲームでLV10のキャラを作ることを競争している2人の子供
がいるとする。
貧困家庭の子供はまずゲーム機を買うためにお金を貯める
富裕層の家庭の子供はゲーム機をもうすでにもっている。
貧:ゲームソフトを買うためにお金を貯める、働く
富:ゲームソフトはもうあるのでゲームをはじめている
貧:ゲームをようやくはじめるがTVが1つしかないのでできる
  時間が限られる。
富:快適な部屋でLVあげ中
とどんどん差が開いていく、環境(親の力)がいかに重要かが
分かるだろう。
しかしこの富裕層の子供はこれは実力の差だとして疑わないだろう。
いや、分かっていても
「俺もゲーム買ってもらうのに苦労しちゃってさ~」
などと言い、いかにも『おなじ土俵で戦ってました』という
感じを前面に押しだすだろう。
だから東大入学者の親の平均年収が世間の平均年収より高いのに
それを認めないで、貧乏人が多いと吹聴するのだ。
だからその実力のうちには環境による差がある、と言及する者に
たいして勝ち組のコミュニティはその認識の違いを自分達に
合わせる様に強要し攻撃する。
それはあたりまえだろう。
自分達は環境の力(親の力)に頼ってきたのを
有利な状況でしか戦ってきたことがなかったのを認めたくないだろう。
自分自身の力、実力で勝ってきたと思いたい。だから生まれた環境に
よって生じる差があると主張する者を誹謗中傷する。
それも自分の育った環境の良さを棚にあげて。
 ※2回も同じようなこと言ってますね。
自分達の考えに迎合できるものたちばかりしか認めないから
視野が狭まり選民意識を持つ歪んだエリートができあがる。
そんなやつらの仲間にあんたはなりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。