間違いを絶対認めない親

いつもながらのことになっているが
うちの家族は変な行動、思考をする。
普通の家では子供の好きなもの嫌いなものを
憶えて、特別な日には好きな食べ物を夕食にだしたり
何か子供が他人様に表彰されることがあれば
ご褒美をあげたりするものだろうが、家に
限っていえばそんなものはない。
それ以前に子供の好きなもの嫌いなものを憶えないばかりか
憶えた振りをするのが私の父と母だ。
しかし子供のことに無関心な親たちでも
「私は子供思いでなんていい親なのでしょう」
と思いたいがために無理矢理嫌いなものを押し付ける。
私が嫌いな食べ物を買ってきて夕食時に出して
食わせようとする、それもアレルギーの関係で食べられない物もだ。


私が少しでも「これは好きな食べ物ではない」などと言うと
「じゃぁもう食べんなっ」と怒り騒ぐ。
これは精神的に病んでいたかどうかしらないが
母は家族内ヒエラルキーが一番上なので
父は何も言えず、子供の頃から『母が私が好物だと思った物』が
私の好きな食べ物となってしまう。
だから日によって季節によってどうやら私の好物は変わるようだ。
本人に自覚はないのだが。
このようなことをするのは母だけではなく父もしていた。
父の場合は精神的に問題はなかったはずだが頭のほうが
だめで、人から見れば『間抜け』と形容されるような人だ。
どちらも悪気がないのは分かるが私が親が買ってきた
食べ物を、さも好物のように食べないと
怒られひどい場合は叩かれメシ抜きにされてしまうのが
面倒くさかった。
面白いのは父が私が嫌いなから揚げ(今では食べられます)
を好物と思い込んで買ってくると。
母が「それは○○(私の名前)の好きなものじゃない」
と間違いを指摘する。
ここまでは言いのだがさらに母は私が好きだとも嫌いだとも
言った事がないものを列挙し父に憶えさせようとするのだ。
このような認識の間違いは私が高校生になっても変わらず
親が好物だと思った(思い込んだ)ものが私の好物になる。
「違う」と声にしてしまうとメシ抜きになり、父母からの暴言
ヒステリックな叫び、姉が居た場合はその姉の
「うるせー黙れよ」という父母私に対する怒鳴り声が合奏となり
浴びせられるので大人しく好物のように嬉しく楽しく食べるのが正解なのだ。
今考えると母の場合は自分の間違いを恥だと考えていたの
かもしれない、親の威厳がどうとかにとにかくうるさく
異常なまでに自分の間違いを認めようとしない人だったので。

間違いを絶対認めない親” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 匿名 より:

    はじめまして、taiheiともうします。
    時々観覧させてもらっています♪
    今日の記事を読んで、私もそういう状況?みたいな感じだったので気持ちが少し分かる気がしてコメントさせていただきました。。。。
    私は母親がうつ病の状態で、普段はフツーの状態なのですが、少しでも母親に違った意見などをすると急に「うつ状態」なるという感じでした。
    私が反抗→母親がうつ状態→私のせい→怒られる→母親と喋らない様にする→また怒られる。。。それの繰り返しで最初は絶対自分は間違ってないというか、おかしい!と思っていてもこれを繰り返されるうちに自分が悪いのかなと思ってしまうんですよね。。。
    長々と愚痴ってしまって申し訳ありません。。。
    ブログの更新のほう頑張ってください!

  2. 管理人 より:

    『うつ』は身近な人にうつると言いますからね。
    うつにかかった本人が悪いわけではないのですが
    なにかエネルギーが吸い取られる感じがするんですよね。
    taiheiさんは無事その負の連鎖を断ち切ったようで何よりです。
    taiheiさんコメントを頂いておりながら
    長い間返信をせず失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。