ひきこもり_夜の散歩6月1日

ここ最近は頭が痛くなったり毎朝下痢を排泄したりで
夜の散歩もできない大変な時期でした。
親からの攻撃もひどくなったりぬるくなったりしています。
たぶん親は昭和時代の方法―緩急つけてムチとアメ
を意識して行っていると感じます。
ひきこもりの知識に関してはTVからしか仕入れない親なので
この間放送された元暴走族の方が人生に悩んだでひきこもった子
万引きや犯罪に走った子たちを『更正』させるという番組に触発
されたのでしょう。
いつものことですが。
以下その番組の内容
刑務官やカウンセラーや更正施設勤務者の方ならまだ分かりますが
専門家でも難しいとされる『更正』をこの元暴走族の方(今は工事を
請け負う会社の社長さん)は約3日でやってしまいます。
番組内では地元の悪友と悪さばかりする少年を3日間自分の会社に
置き、同じような境遇、経験をした(元ヤンキーみたいな方でした)
先輩格にあたる人と同じ部屋に住まわせ働かせる、という更正方法をとっていました。
ハードと思われる現場仕事が終了したあとにその先輩格の人と
カップ麺を啜りながら笑い合っていたので、番組製作側の仕込みで
なければその少年は心穏やかになっていたのでしょう。
だからといって更正したとは言えず私としてはこの会社の社長
(元暴走族)の方の自己満足だという印象をうけました。
この方は元暴走族でいわゆる親の愛情が受けられず苛立ち
他人に攻撃をする人種であったと思われます。
ちゃんと親の愛、人の温かさをしったならこのようなことはしない。
その点ではこの方も不憫だったと思いますが、同じような境遇に
陥った人でも誰もが攻撃性を高めヤンキーや暴走族などの人に
迷惑をかける行為をする集団に加入するとは考えられないのです。
内に秘めて我慢し続けるタイプもいるのです。
ですがこの社長はひきこもりの少年がきたときは会ったそばから
威圧するような顔で話かけていました。
それは受けての印象だと思われる方もいるとは思います。
暴走族などメンツが命の集団では顔の変化で相手を戦意喪失させる
メンチ切りとかハッタリをかます技術を駆使できない者は叩かれ役
になるので皆必至になってそれを会得しようとします。
そのような顔の変化によって相手がどう反応するかとうことを
よく知っている人は自分の顔の変化を対話中に無意識にすることは
ありえないはず。つまり対話相手のひきこもり少年を精神的に攻撃
し従順になってから温和に対応するというワルをやってきた昔と
同じようなことをしているのには皮肉だなと感じます。
暴走族時代の社長とは違い他人を攻撃せず
内に秘めて我慢するひきこもり少年。
世間でウケがいいのは他人に迷惑をかけ更正し
マイナスからようやくゼロに戻った
元ヤンキー元暴走族元暴力団構成員
とお冠がつく方達です。
ここで過剰なアウトサイダー擁護者たちは
「悪さをしていた人にしかわからないこともある」
とし、反論します。
確かにそれも一理あります、でも『悪さをしてしった経験』
を生かしたいのなら先生や弁護士にならずにアドバイザーの立場
として活用されれば良いわけです。
そんなにでしゃばらなくてもいいですよと言いたい。
現代では元ヤンキーなど以前悪さをしていた方達を過剰に持ち上げて
いるように思われます。
上記のように発言すると
「世間の人々は以前ワルだった人を認めていないじゃないか」
と反論もきますが、元ヤンキーが先生や弁護士になりTVや世間でも
騒がれ認められているではないかと反論します。
以前自分の攻撃性を理性で抑えられず他人を攻撃した人と
その攻撃を受けても我慢しつづけた人を比較すると
なぜか前者がもてはやされる世間には反吐がでます。

ひきこもり_夜の散歩6月1日” に対して 4 件のコメントがあります

  1. sirube より:

    突然のコメント失礼致します。
    失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
    http://sirube-note.com/correctional-officer/
    もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
    http://sirube-note.com/correctional-officer/link/register/
    今後ともよろしくお願い致します。
    wi8gXq9o

  2. pulp より:

    すごく共感出来る話でした。昔の悪さを勝手に時効にしていい思い出として語る元ヤンキーのような人は多いですが、かれらに苛められたり被害にあったりして、一生心の傷を負ったような人の立場はどうなるのだろうかと、こういう無神経な番組作りをする番組(特にテレビ朝日)にいつも腹が立ちます。

  3. 管理人 より:

    sirubeさんコメントありがとうございます。
    しかし今回は見送らさせて頂きます。

  4. 管理人 より:

    pulpさんコメントありがとうございます。
    世間では元暴力団などアウトサイドから
    復帰した人がなぜか過大評価される傾向に
    ありますね。
    TVでは元暴力団などアウトローだった人が
    更正するまでを報道してめでたいめでたいで
    終わりますがその影で泣く被害者には
    スポットライトを当ててはくれません。
    更正しただけで過去すべてを清算されたと
    勘違いしているのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。