服を買いにいく服がない

自称立派なひきこもりである私は服装に無頓着であり
金がないので服を大事にします。

サイズが合わなくなったものを捨て
結局残ったのが冬用の上着1枚とバイトで使っていた穴あきジーンズ
が数本だけという状況。

あとは譲り受けたサイズに合わないスーツだけ。

そんなわけで面接時にも穴あきジーンズでいくわけです。

バイトだからこれでもいいかと思いきや
面談官(派遣なので面接官ではない、)に「ダメージジーンズ履いてきちゃだめだよ」と言われたこともあります。

その日初めてダメージジーンズなるものを知りましたね。

わざとブラシでこすったり染料を使い
傷をつけたり穴をあけたりして使い古した感を出そうという
考えがセンスのない私には分かりません。

それに私が穿くとダメージジーンズを穿いたダメ人間
というダメダメづくしになるのでやっぱり嫌いです。

しかし新しいズボンを買う金がない。
悲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。