昔2

昔1で生贄役になっていたと書きましたが
あれは同時に姉の親に対する処世術についてもの話でもありました。
クラスカーストがあるように家庭にもカーストがあり
最下位にいる私は上位の人、母父に逆らえません。
しかし姉なら少しは対抗できる。
だからか心の平穏を保つために自分に向けられる(向けられそうな)攻撃を私に
向かわせていたのだと思います。
徹底的に順位を分からせるために。
自分が親から叱られ怒られ、ときに貧困からくる苛立ちを
抑えられず理不尽にする攻撃を私に向かわせるよううまく誘導したのでしょう。
それに最初から私の分は悪かったのです。
父は姉びいきでしたから、姉の言い分を100%信じ
また、母は母で事がおさまればよいと考える人
だったので私の言い分は聞いてもなにも行動を起しても納得してもくれません。
母が理不尽に私を攻撃したらそれでおしまい。
母が理不尽に姉を攻撃したら私にも向かい、父も私を攻撃する。
姉に非があり母が怒ったらその矛先は姉だけではなく私にも向けられる。
私に非があったら家族総出で攻撃される。躾の域をこえるほどに。
理不尽な暴力に晒されている弟を守るということはしれくれないどころか
助長するようなことをする姉でした。
この姉にはその後もずっと苦労をかけられることになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。