7月14日昼

お腹が減る時間帯がやってきました。
由緒ただしい貧乏一家で育ってきたので人よりは空腹に
慣れてはいますが歩きにくく走ることができないぐらいの
空腹にはなれてはいません。
よくありますよね。
そういやご飯を食べていなかったと思い出し
食料を漁ろうと歩き出そうとすると体が重く感じること。
自分の右足が左足の前に交差して転ぶこともあるので危険です。
貧乏学生が食費を浮かし、空腹を紛らわすため寝たはいいが
起きてみると体がだるい。
ひどい場合だと立つこどもできず半ば這いながら
冷蔵庫を目指す、というのと似ています。
空腹に耐えられるからといっても何も口にしないと
体が重く感じてさらに無気力になりますよ。
だるさを感じたら味噌でもなんでも食えるものは食ったほうがいいです。
だから夜中にお腹がすき過ぎて冷蔵庫の中を漁り
かろうじてあった野菜を生のまま食べても良いんです。
人参の腐食したところを間違ってかじってしまっても良いのです。
イインダヨー
昼食:連日わかめ汁 みそ汁1杯でご飯をいっぱい食べれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。