産地コード・品だしアルバイト_ひきこもり夜の散歩

品出しのアルバイト
産地番号 商品番号
どこの部門に配属されてもまず憶えなければならないのが産地コード番号(1)です。
シール発行機械に商品コード番号を入力すると産地コードも
表示される設定もできますが間違いがあったり日によって商品の
産地が変わることもあるので憶えたほうが良いです。
憶えるのは2桁なのでよく出す産地さえ覚えておけば
作業が楽になります。
しかし全部憶えようとしなくても大丈夫です商品コード(2)
機械に先ほど説明したように入力できれば産地も表示されるよう
に設定してくれているので(チーフ等店の従業員が)まずは
商品コードを憶えることとなります。
・優先度
    商品コード>産地コード
機械によって違うと思いますが、北海道が1青森2熊本43と
南の県に行くたびに数字が増えることを記憶しておくと
後々役に立つと思います。
手早く産地コードを確認できるため私はメモ帳の表紙に直接書いていました。
(1)産地コード番号、産地コードとは商品の産地を表すための1~2桁
  の番号のことです。これを機会に入力すると商品説明シールに
  産地が印刷されます。
(2)商品番号とは商品に貼る商品説明シールを発行する
  ために必要な3~4桁で構成される番号のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。