値引きについて・品出しのアルバイト

品出しのアルバイト
値引き
値引きの時間帯、どの日付の商品をいくら値引きするのかは店、部門
によって違いました。
高校生の時分にアルバイトをしていたお店の鮮魚の場合ですが
柵を切った状態の刺身、切り身は5時くらいにまず3割引き
6時くらいに柵と一緒に半額、売れ行きがよかったら7時くらい
まで粘ったりしてました。
季節によってする時間帯が違いますが大体5時から値引きをしてましたね。
前日が休日で人の入りが多いときは2、3割引きをせずに7時頃に
ようやく値引きを始めていました。
人の入り具合を鮮魚のおっちゃんは波に例えていて分かりやすく
説明してもらった覚えがあります。
波が押し寄せる前に値引きして廃棄商品をだすリスクを抑えること
もあれば売れ行きがよいときは引き始めた頃に値引きするかなど
値引きだけでも店員は考えてしているんですよね。
ぎりぎりまで粘ってるとお客様から
「はやく値引きして~ちょっとだけもいいから」
と迫られることもあったりします。
ここでチーフ(上司)の言われた通りにするか、損して得とれの
精神でまけるかはその人次第です。
私は押しが弱いのでほいほい値引きしてチーフに怒られてましたが
お客さんに聞くところによると。
近くの○○店よりこっちの店(私の勤務店)が値引きがはやいので
夕飯の買い物はここと決めているとのことでした。付近のライバル店とは鮮魚の味も値段も互角でしたので
割引の時間だけで夕方の入りに差をつけられたのだと思います。(他の要素もあると思いますが)仲良くなると刺身盛りの注文をしてくれるので仲良く接して損はありません。
割引商品がなくなるとライバル店に向かう人もいたようですが、大体
の買い物は済ませたあとに割引商品目当てだけに行くので割引して
いない(できない)商品はあまり買う人はいないようでした。
なぜ分かるかというと友人がライバル店でバイトをしていたので詳しく聞いたからです。
アルバイトだからってほいほいと他店の従業員に情報を提供するのはまずいですけど。
別に店の売り上げによってアルバイトの時給は下げられなく
ボーナスなんて元々もらえませんから正社員ではない私には
情報が漏れてもどうでもいいことですけど。
しかし売り上げが悪いとアルバイトやパートさんに八つ当たりする
社員もいるので儲けはやはりあったほうがいいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。