夕方からの作業_品出しのアルバイト

品出しのアルバイト
夕方からの作業

青果、鮮魚部門
夕方からのアルバイトはまず商品が入っていたコンテナの
整理と片付けから始まります。
廊下や作業場付近、バックヤードに置かれているコンテナを
店の裏手にある指定の場所まで押していきます。
いくつかあるので一箇所にまとめたら動かないおように車輪をロック
してコンテナ回収はおわりです。
作業場にもどったらチーフやパートのおばさんが
不足気味の商品を教えてくれるので言われた商品の補充。
慣れてきたら自分の判断で補充します。
商品を補充しなくてもよい場合はとりあえず売り場にでて軽く前出し。
青実部門ではこのとき半切り商品がなかったら加工して補充します。
夕方には減りやすいので。
鮮魚部門もサンマの開きや冷凍食品、定番商品が不足していたら
加工して補充します。
とりあえずすることはこの前出し・不足商品の補充です。
青果部門アルバイトなら商品の補充、前出しが一通り落ち着いたら
明日出す商品の仕込みをします。
仕込みについてはチーフなどから指示や指示書を渡されるので
それに則り作業します。
上記の作業中にたまに売り場に出て商品の補充もします。
チーフが帰るまでは商品が不足していないかよく注意しましょう。
鮮魚なら作業場内の片付けをします、商品を加工するさい必要な
パック、トレー、バレンを補充したり大量にだされるふきんの洗濯
整理。魚の血に汚れたおぼんやトング等の器具を洗います。
たまに売り場にでてなくなりやすい冷凍の鮭の切り身を補充します。
チーフが帰ると包丁の整理、洗剤、消毒液の補充。商品を運ぶ
キャリーの洗浄パッポウスチロールを紐で縛って指定の場所へ
片付けます。
割引の時間帯はチーフから「○時くらいにしといてくれ」と
言われたらその通りに、慣れたら割引の時間帯はすぐに任されると思います。
鮮魚、青果の夕方からのアルバイトは朝に比べると作業場内での
仕事(仕込み、片付け)が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。