人材コーディネーターどこいった?

求人誌を読み漁って気付いたのですが
以前は腐るぐらいあった「人材コーディネーター募集」広告を
見かけなくなりました。
カラーページでソファに座ってふんぞりかえって脚を組んでいる男性が
両手を広げ、その頭上のあたりに「人材コーディネータになろう」
という見ているこっちが恥ずかしくなるような派遣会社社員求人広告は今は見かけなくなりました。
また、人材コーディネーターの文も見かけなくなりましたね。
あの頃はなんでも横文字にすれば良いというきらいがあり
奴隷商人と蔑まれていてその抑止、印象を良くする為に使っていたようです。
しかし今は派遣業界も苦しく元気がない様子。
掲示板でも
「人材コーディネータなにそれ恥ずかしい・・・プッ」
とのレスも多くなりました。
不況、派遣業界規制強化も関係なく理由が
「笑われるのが恥ずかしいから」と各派遣会社、営業所が
人材コーディネーターとの表現を自重するようになっていたとしたら面白いですね。
まぁ、某派遣会社エリアマネージャーが言うには
黒を白と相手に無理矢理にでも思わせてこその業界らしいので
そんなことはないはずですけどね。