敏感さによる分析過程を霊的な事柄で処理しようとする人達_ひきこもり、夜の散歩

過緊張・HSPなどについてネット上で調べていると
オーラやスピリチュアルを多様したサイトではHSPにみられる
良い方面での敏感さを何か霊的で特別な能力として紹介している記事を
よく見かけます。
非科学的なものに傾倒しやすい主婦層がメインのBBSでは
 霊気が飛んできて相手の心が分かる。
 目を見ただけで相手の性格が分かる。
など敏感さを活かした雰囲気を読み取る行為を霊的、非科学的な
ものに結びつける方がいました。
私はスピリチュアルなんとかは興味も知識もないので
懐疑的に感じてしまいます。


霊的な現象としてしか説明できないのか?
相手の行動がある程度予測できたりする過敏さを
霊的なもので説明しようとする方は
オーラを人が醸し出す雰囲気を示す単語ではなく
超自然的なエネルギーとして示す単語として使っているようにみえます。
私はHSPの過敏さ、霊的思想な方に言わせれば心が読める能力は
科学的論理的に説明がつけられる範囲内にあると考えています。
雰囲気を読み取る・相手の所作から次の行動を推測する。
相手がどのような行動にでるか高確率で分かる方は
きっと無意識に相手の声や視線移動・手の動き・唇の動き・歩き方・
顔の表情の変化などの所作を情報と捉え収集・分析、そして分析結果
と状況とを照らし合わせているのだと思います。
上記のような無意識下での情報収集と分析注1は勘のメカニズムと
似たようなもので
特定の状況下での性格、職業などの情報を計算に含んだ
様々な人間の行動のパターン化・蓄積しているとも考えられます。
このような無意識下での無差別な情報取得・分析は
副次的に疲れやすくなるとも思われます。
なぜなら日常的には気にかけなくて良い事柄の情報を勝手に集め
処理しパターン化する頭脳労働をしているからです。
霊的、特別なことではない
敏感ではない方は社会にでて様々な人と出会い行動をともにして勘(パ
ターンを蓄積して)を磨いていくのに対し敏感な方はそんなことをしな
くても勘が冴えている。良い方面にも悪い方面にも。
敏感な方は通常はじっくりと経験を積んで磨かれ得られる
直観力をすぐに得ることができる人、得ている人と言えないこと
もありませんが、だからといって敏感なHSPの方が
「特別な能力を持つ人」まして
「相手のオーラと融合し痛みを感じ癒す」ことができる超能力を
持っている人ではないのです。
それに敏感さによって得られる恩恵もあれば欠点もあります。
個人的に敏感な方は「打たれ弱い」と感じます。
一長一短な能力です。
私はHSPの過剰な敏感さは誰でも注意して行えばできることを
しなくても良い場所・時に勝手におこなってしまう難儀な特技だと捉え
ています。
しなくてもよいのに情報を集め無意識下で分析、予想して苦悩してるの
で。
やはり、かたよることなく鈍感さ敏感さを併せ持つ「中庸」な状態が
理想だと感じますね。
これがいわゆる「普通」と呼ぶものなのでしょう。
あなたの前世が見える・・・・・・ポニョーーーー
金を落としやすい層を狙い
説明しにくいものを霊的な現象として考える自称超能力者
霊能力者にはうんざりです。
注1
うろおぼえですが本『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ』にも似たようなことが書かれていたと思います。