2009/11/18_ひきこもり、夜の散歩

面接もなかなか取りつけられないでいるのを母にばれました。
母は盗み聞きするときは部屋の引き戸の前で足音が止まる
のですが電話中だったので気付けなかったです。
病的なほど
小中高と貧乏だったので、個人領域を守れる部屋なんてなく
私の生活情報は母につつぬけであった。
昔は私の情報が何もしなくても母の耳に入っていたので
母は今の状況は気に食わないのだろう。
1人暮らしをすると伝えた時はすごい慌てようだった。
子供のことを思いやる感じではなく
自分の想定外のことが起こりパニックに陥っているようだった。
精神病認定される前から病的。
十数年前から精神病だったのか。