きょうはとてもちわやかなゆめをみまちた

思い出した夢の一部
なぜか車の半開きのトランクに押し込めらていて
いきないりスーパーの売り場に着く。
母に服をつかまれ「働け!」と商品棚の間に投飛ばされる。
不自然に多い店員全員ににらまれる。
場面転換
マクドナルド店内で親や他人がハンバーガーを口いっぱいに
ほおばっているのをただ眺めている。
確かに肉はくいたくて夢にでるのは理解できるけど
なぜに不自然に多い店員達に睨まれなきゃならんのだ。
現実では大量の品だしでも島(エリア)一つに数人で十分なのに
夢では不自然に増えている。
店員が着けていたエプロンは一番長く勤めた店のモノだった。
他人が働いている仕事をする場
に行く自分を想像したら震えるぐらい怖い。
だから夢にも現れたのだと思う。