起業スレの嘘~ひきこもりをダシに使う

2ch起業スレの真と嘘

無職・ひきこもり・ニートの方々に希望を与える起業スレ。

なかには元手が1万未満で起業し月収ウン十万稼いでいるという
自称元ひきこもりの方たちがいます。

しかしスレッド内やそのスレッドをまとめたサイトのコメントでは
「嘘だ」とか「そんなに甘くない」と毒にも薬にもならない
コメントであふれています。

私も上記の1万未満で起業云々は嘘と感じてしまいますが、
それには理由があります、まずネットショップと仮定した場合まず
特定商取引法を遵守しなければならず
HPに「事務所・事業所」表記を設ければなりません。

住所表記の問題 住所貸り費用・転送費

女性の個人事業主の方はレンタルオフィスや住所貸しとしての
私書箱などを利用しネットショップサイトに自分の自宅住所を
掲載することを回避していますが、100円が大金とさえ思える
小遣いなしのひきこもり、短期のアルバイトもできない方たちには
とてもできるものではありません。

個人の私書箱でさえ相場は最低1ヶ月約3000円、そ
れも3ヶ月分を前払いや入会金、また返品があった場合の転送費(送料+手間賃)がかかり起業・
開業当初にはそれなりの資金が必要となることが分かります。

またこの住所貸しサービスを使っての事業さえグレーとさえ言われています。

事業を行う場所を表記しなければならないのにまったく
何もしていない住所を載せるのは云々かんぬんと解釈により
黒ともなるらしいです。

以前使うことができた住所を「省略して表記」するのは
黒らしいのですが未だに省略をしている個人事業主の方たちは存在しています。

どこの業界にもある、限りなく黒だけど皆やっているので~というモノらしいです。
最初は省略表示でお金が入ったら即住所貸しを使い表記義務を守るという
方法がありますがその間はかぎりなく黒に近いグレーの状態で
運営するので受注売買行為はとても難しいものとなるでしょう。

ネットショップサイト構築費用 レンタルサーバ・ショッピングカート利用費

ネットショップだとしても信用を得るためには無料スペースは使っていられません。
だとしても格安レンタルサーバを使うと信用が得られません。

利用者は過敏ですし慎重にならざるをえないからです。

無料スペースを使って事業をしている方に利用者が厳しいのは
「お金をかけていない」からです。

お金をかけていない(リスクを負っていない)つまり事業としてお金を
かけていないということは本腰を入れていないと判断され
ボッタクリや商品の信頼性を下げて見られる可能性が高いのです。

またHPはテンプレートを使用するとしてもショッピングカートの
レンタル代がかかります。CGIやphpに精通したかたなら
自作カートを設置し好きなようにカスタマイズできますが。

なんちゃってひきこもりが世に出て元ひきこもりと言う利点と低資金で成功したと言う利点

素人ヒッキーが少し調べただけでも上記にあげた費用がかかることが分かりました。
元手がほとんどなくひきこもりから起業した~というのはつまるところ
話題性を求めてのものなのでしょう。

お金があるのにわざとホームレス生活をしてその後にたんまりある資金を使い起業し
ホームレス生活からの逆転劇~として本を出す輩と同じです。

一日二日ひきこもり、一週間でも無職状態をしたならばそれは
世間的には立派な「ひきこもり」「無職」であり元ひきこもり
と自称することはなんら咎められる行為ではないのです。

しかしこれはひきこもりをダシに使った宣伝でもあるわけです。
表面的な絶対評価をうまく利用していると言ってもよいとおもわれます。

心身ともに充実している人が起業し成功するのなら話題性はあまり
ありませんが無職、ひきこもりと呼ばれる社会的に底辺に位置する
と見られている状態・環境から起業し成功したとなれば世間の評判を
得られますからね。

実際にはお金もちであったとしても元貧乏だと言い張る
人が多いのはこのためです。わずかな資金で、と訴えることも
重要です。実際には十万でも百万でも使っていようとしても、
そうすることにより自分はわずかな資金で成功できたと
プロデュースし自分を高く見せることができますから。

親が金持ちであり勉強する環境が整っていたなかで生活してきたのに
それを否定する有名大学学生と似ていますね。

自分は他人より多く努力をしてきたと見せかけたいわけです。

起業スレは実際に参考になる情報は少ない

長々と書かせてもらいましたが起業スレには実際にかかる費用の説明や
義務表記など起業に絶対必要な核心に迫る情報はかかれていることは少なく
嘘ではないが正確には事実ではないことも書かれているのであまり
鵜呑みにしないほうが良いと思われます。

追記
独自ドメイン費もかかります。

サイトアドレス ⇒ http://www.屋号.com
メールアドレス ⇒ アカウント名 @ 屋号.com biz jpなど