うまい文章を書けるひきこもりの方に対するSOHOの勧め

ひきこもりから見た、ひきこもりから自立する為のヒント
http://hikikomori-neet.seesaa.net/article/150515388.html
私たちひきこもりがとても共感することが書かれているブログです。
本人はどうにかしたいと思い、脱出方法を頭の中で思案しているけど
突破口が見出せない状況。とても良く分かります。


うまい文章を書けるひきこもりの方に対するSOHOの勧め
文章を書く難しさ
前回記事でレタッチについての記事を書きましたが
推敲をしていなかったため読みにくい文章と
なってしまいました。

GIMPに関してはネットでも学べますがまったくの初心者の方は
基本書を一冊購入し一通り試した方が良いです。
ネットでも学べますが知識の断片ばかりで体系的には学べません。

GIMPはネットでも勉強できると訴えるのは1回で良いのに
「ネットでも学べますが」の表現を繰り返し使っていました。
また、上記引用文の前の文。
「前回記事でレタッチについての記事を書きましたが」もまた
繰り返し表現・二重表現となっています。
「前回記事」と書いただけでブログの読者にはレタッチについての
記事と判別がつくのに「レタッチについての記事を書きましたが」と
新しい意味を追加しないで同じ意味ととれる表現を繰り返しています。
「前回記事でレタッチについての記事を書きましたが」ではなく
「前回、レタッチについてお話しましたが」と書けば一般人のブログ
では及第点だと思います。たぶん。
まぁ、あれです、文章を書くのはク○面倒くさいということです。
文章をうまく書けるひきこもりはSOHOで働けるかも
冒頭で紹介したブログは私と同じ「ひきこもり」の方が
管理人です。なのに、と言っては失礼ですが各記事の文章は
つっかえずスラスラと読めてしまいます。
推敲をしたのかそれとも「文章を書ける」方なのかは判別できません。
しかし紙面とは勝手が違うWEB上でこれだけ書ければ
ご本人がおっしゃるSOHOなんてのもできると思います。
人と接する機会が少なく刺激も少ない生活をしやすい
「ひきこもり」は頭がにぶる、というのが一般に言われています。
しかしネット上を徘徊すると「うまい言い回しをするなぁ」
と思わず呟いてしまうほど面白いと思える文章を書くひきこもり
の方がごろごろいます。このようなうまい文章を書けるのに
ただひきこもっている方はライターを目指すのも良いかもしれません。
実際ブログライターとして稼いでいる方も見受けられますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。