グレーな組織的自演ブックマークで浮上するクソサイト・ひきこもりに役立つサイトは少ないばかりか喰おうとするひきこもりのサイトについて

■少数であるひきこもりに役立つサイトは少ない
google先生の検索機能を駆使してもネット上から浮かびあがってくる
ソーシャルフィルタリングされた(笑い、そして発狂)がサイトが
うざい。やかましい。それは、なぜか?アクセスアップ目的のため
SEO業者に依頼したブックマークスパムサイトや、ブックマークを
独占しているサイトが多いからだ。はてなブックマークは顕著で
はてブスパムの疑いがあるサイトが多い。200文字程度の記事でも
ブックマークされトップ画面に表示される会社も数多い。
人員を動員できる組織ならいくらでも自演可能だからだ。
ホリエモンはソーシャルフィルタリングされたサイトだけを閲覧して時間の
節約云々いっていたがそれは一般の方に当てはまるネットサーフィン方法だろう。
なぜ、私の目からみてどうしようもない情報ばかりが目に付くのかというと、
最大の理由は私がアウトサイダーであるひきこもりだからである。
■情報の精度はネットより本が勝る・マサルごはんよ
評価されるサイトや御用学者や経営者の話なんぞ役に立たない。
一般の方なら役に立つ、役に立った気になるようだが
ひきこもりにはまったく役に立たないのだ。ベクトルが違う。
毎日のようにネット徘徊、それもかなり深くしている私が得た結論は
精度の高い情報を得たいなら「本を読め」とうことである。
本は修正箇所があってもすぐに修正できず、また内容に間違いがあっては
著者や出版社の信頼が下がる恐れがあるので慎重になり、情報の精度が
高くなるからだ。

ネットサーフィンという言葉が示すように、調べる姿勢も表面を滑る
ような感じになる。ちょうどリモコンでテレビのチャンネルをクルクル
切り替えるようになものである。また、ホームページ上の情報は、
なるべく一目でわかりやすいように掲載されがちである。
そのため、たくさんのサイトを閲覧しているわりには、頭に残る情報が
薄くなりがちなのである。

大学生のためのレポート・論文術,小笠原,112p

■元ひきこもりが現ひきこもりを喰う時代
ひきこもりにとって重要ではないクソサイトやスパムサイトばかり
浮上してくるのも苛立つが元ひきこもりが作成した「お小遣いサイト」は
さらに苛立つ。
自宅でもできるお仕事→アフィリンク
こんなアフィリンクばかり設置し役立つことは何一つ書かれていない。
いや、待てよ・・・なるほど、これは弱肉強食の世の理をおしえてくれるため
作成されたのかもしれない。元ひきこもりが私たち現ひきこもりに向けたメッセージ
だったのか・・・なんておもうかってーの!ダアホッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。