夜の散歩0704

夜の散歩するとかならずと言ってよいほど出くわすのが
己主張激しい騒音バイクライダーだ。
私はネットの片隅で愚痴愚痴と文句を垂れ流すだけで
他に自己主張、表現といったものをしない。
する術なんてないし、自己主張してはまずい環境に育ったからでもあるが。
■夜中に騒音をたてるバイク乗り(笑)
わざわざ夜中に騒音をおこしながらバイクを運転する
人を私は勝手に「自分に個性がないと思っているけどそのままじゃフツー(笑)
の人になってしまうので少し危険性を醸し出す服装をして女の子モテてようと
必死なんだけど表にでちゃまずいからと隠すために少し硬派をきどるため
バイク乗りになるが元来のダサさ無個性は隠し切れず周囲の悪いヒトに結局な
にからなにまで感化され馬鹿みたいに騒音を街に撒き散らすだけの人になった人」
と思っている。
「自分が無個性」だと感じている人は
モノ・服飾にこだわり相手にも押し付けようとするものだから
まるハズレということはないだろう。
悪意のある人間に会うとその人のイメージがバン!と私に向かってきたり
腐臭のようにジワジワとくるものがある。直感で。
この騒音バイクの乗り手のはた迷惑な自己主張をする人達を観ると
む~~~んとくる。やりきれない悲しさがむ~~んっとくるのだ。
ああ、こいつは私をみくびって嘘をついているな、こいつはこういう言い回しで
私をいいくるめようとしてこう行動するな、と、感覚として強烈にくるものは
大抵はずさない。だけど夜中にでくわす人は感じにくい。分かりにくい。
夜な夜な散歩する私も含めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。