引き篭もりが夏場を乗り切るためのたったひとつの冴えないやりかた

夏場暑いと家族が不機嫌になり家族カーストで一番低い
ニート・引き篭もりなど働いていない弱者に矛先が向かいます。
真昼間ッから家にいるんじゃねぇ、と。
発言権がない私みたいな者はいわれた通りに外にでるしかありません。
通院もしておらず軽度な方は外においだされても対処はできます。
しかし視線恐怖症な方は対処しにくいと推測できます。
人が少ない道へ、人の視線が届かない場所へと流れ
落ち着いた場所が日当たりが良い場所しかない、なんてことも。
だから私がおすすめするのはデパート、商業施設のトイレです。
できれば複数のトイレが設置されている施設であまり人が来ない
場所のトイレがおすすめです。
デパートへいくには大通りなどを歩かないといけないので
最初は辛いと思いますが、個室のトイレに入れば人の視線はありませんから。


また注意事項としては場所・個室を時間によって変える
※ずっと同じトイレの個室が使われていると怪しまれるので
隣の個室で便所めしをはじめた方がいても無反応(マナー)。
とてもくさい臭いのクソをする方もいるのでハンカチを用意する。
なるべく音を立てない。※暇つぶしに文庫本をもっていくよりは
携帯にサイトをメモしておいて読み返すなど工夫もするべし。
これらをまもればあなたも快適に個室トイレの一角で夏場を乗り切れられます。
尿意を覚えても容易に用意ができますからチェケラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。