やりたいことがわからない、でも・・・

できる仕事が絶望的にないのでしょうこりもなく自営として
生業としてできる仕事を考えるが、これがまた思いつかない。
元々低学歴であり親も無教養※子供を育て上げた点では立派な親だと認め感謝しているで自分自身も阿呆であるからだ。
金なしでもできる商売を、と考え思いついてできそうだなと
思ったのは「モーニングコールサービス」事業。
しかし一連の仕事を描いて見ると人員募集にはじまり応答文の作成から
料金体系・受付時間・コール数・コールしても依頼者が起きなかった場合は
どうするか、など細かな設定をしなくてはいけない事業だと判明した。
人員募集をかけたとして運良く希望者がきたとしても
「声の質」を判別するために電話口とはいえ応答しなければならない。
対人能力がまったくなしの引き篭もりにできるだろうか?難しい問題だ。
うまく人員を確保できたとしてもコール前にこちら(事業者側)が起きていて
事前にこれから依頼者にコールをするという旨の報告を受ける体制を整えなけ
ればならない。つまり1回のミスが重要な問題となるので日々、調整役として
自分自身が機能しなくてはならないというモチベーションがあがったり
さがったりラジバンダリの引きこもりには絶対的な壁がある。
外からは簡単にみえる商売でも中身を覗けば複雑で気軽にできるものではない
ことが分かる。
ニート、ひきこもり、鬱病退職者の増加の本当の理由
ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1311340339/
スレから

45番レス引用
ニート引きこもりだけど、働きたくないんじゃなくてやりたいことがない。
何すればいいかわかんないだけ

常に焦燥感に追われている引き篭もり・ニートには心に染みるほど
理解できる思い。やりたいことがない引き篭もり・ニートでも
「なにか人の役に立ちたい」と願っているのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。