弱っている人間に対して心が醜いものは強気になる

論理の組み立てによる反論でも
独創的な切り口でもない
つまらないコメントをくださった「ねこ」さんに
対するお返事。

>そんなに嫌なら家に籠ってれば?

とのことですが貴方に強制力はまったくありません。
なにか勘違いをしておられる様子。

>書いてることがいかにもメンへラって感じで吹いたww

人のことをいきなりメンヘラ呼ばわりで失礼ですね。
何を吹いたか教えて欲しいものですが、
見ず知らずの個人に対し中傷めいた書き込み
をしてのける人間の吹くものなど汚物以下と決まっているので
べつに見たくないし興味もないのでやっぱり遠慮します。
まず、コメント全体としてネット上の礼儀を欠いています。
貴方は礼を欠いていることに気付いてないようですが。

>吹いたww

これです。
個人が管理するブログに比較的言葉使いが悪い系統の
掲示板(2chなど)、のノリをもちこみ
人様の家に土足で上がりこむがごとく
ネットスラングを使っています。
とても失礼です。
貴方は私の記事に対して嫌悪感を感じたから
このようなクソにも劣るコメントをしたと思われます。
私はとあるデブをネタに記事は書きましたが
これは個人特定ができない人物について書いたもの。
実社会の陰口のような相手の評価を貶める行為とはまるで違う。
私も特定されないように細心の注意をはらっています。
しかし、あなたの場合はまるで違う。
ブログ管理人の「一個人」に、ディスプレイ越しに必ず存在
する人間に対し誹謗中傷をしたのです。
■あなたの意味不明な行為について
あなたには選択・拒否権があった。

>そんなに嫌なら

とありますね。
けれどあなたこそデブ(女の)に書かれた記事を
読みたくなければ該当記事を「読まない」という選択ができたのです。
あなたがした行為まとめ。
1.ネットスラングの使用(ネットマナーから逸脱する行為)
2.一個人に対しての誹謗中傷
3.読まないという拒否権がありながら行使せず(怠慢)

3に対して、最後まで読まなければデブ(女の)に
関する否定的な内容が分からないから拒否権なんてなかった。
と、呆れるほどに予測できる反論もありましょう。
しかし、本文開始前である
「小見出し」(短期バイトでデブに絡まれすぎた話し)
で、お脳に障害がないかぎり十分判別がつく表現が
用意されております。
序文でも「香水ふりかけ女デウが居ないのが望まれる」
と書かれています。これからデブに関する文章を
展開させていくぞ、とほのめかしているのです。
つまり、判断材料もあり、拒否(記事を閲覧しない)の判断を
くだす時間があなたには余るほどあったという
事実を証明しております。
ウィンドウを閉じる・タブの切り替え・シャットダウン・
ログアウト・モニターの電源OFFなど方法も多岐にわたりますが、
あなたはしなかったのですね。
以上の論理の穴を狙う
想定される反論として、もしかしたらあなたは
たった一文。いや、読み始めに
気分を害する内容があったと反論するかもしれない。
判断材料も猶予もないなか
突然に、序文中にある一文で気分を害したと主張するかもしれない。
読みはじめで気分を害したのだ!
判断材料も拒否する猶予もなかったのだ!と、
けれどそれはありえませんね。
あなたみずから書き込んだコメントで立証できます。

そんなに嫌なら家に籠ってれば?

「そんなに」とあります。
これはデブ(女性の)に対する非難めいた文を
何度も繰り返して読まされたうえでのコメントでしか
でてこない表現です。
まさか「言葉のあやだった」なんて
見苦しいまねはしませんよね?
とあるデブ(女性の)に対して嫌悪感を
感じた文・主張を繰り返し書いているのは
小見出し以降。
そうです。「そんなに」とコメントで表現した
あなたは小見出し以降の文も読んでいるものと
十分推測ができるのです。
このことから分かることは、
あなたは読まないという選択肢があったのに
嫌々ながらみずからすすんで気分を害すると
予想ができる文をわざわざ読み、一個人を誹謗中傷したのです。
まったくもって理解不能です。
精神が弱っている引き篭もり相手になら
対した反論もなく言いくるめられるだろう。
社会的に下に見ている引き篭もり相手になら
差別的な誹謗中傷をしても良心が痛まないから書き込んじゃえ。

以上のような考えであなたはコメントをしたのかもしれません。
なにも考えず怒りにまかせて、とりあえず書き込んだってな
馬鹿がするようなまねはしてませんよね?
まぁどっちでもいいです。
実際はどうあれ謝罪は結構ですよ。