引き篭もり支援ビジネスブログの宣伝ベタさにチャンスあり_2

なにも持たない引き篭もりでもネット環境さえあれば
稼げる手段がある。アフィリエイトではない。
ホームページ・またはブログ等を作成し宣伝広告を載せるだけである。
そのためには手間が必要なうえに、いつくかの問題が生じる。
しかし、うまく実行できれば月数千円程度の収入になり
引き篭もり生活の向上・改善になる可能性がある。
以下は2ch系まとめサイトとアフィリエイトブログを
運営した私の経験・体験とネット上で語られている情報を
加味して記したものである。
■広告を載せるHP・ブログ作成
狙うのは月極め広告である。
そのためには媒体や広告枠を作成しなければならない。
まずはブログが無難だろう。
カテゴリは「引き篭もり」や「病気系」「メンタルヘルス」
とするほうが良いと思われる。
比較的需要が高い心理系のワードを
含むブログは被リンクとしても価値があるので
広告主が見つかりやすいからだ。
また、別の理由としては引き篭もりがブログを運営すると
ゲームや漫画方向によりやすくなり、
金を生みづらいキーワードであふれる
可能性が高くなるからである。
飽和状態であるゲーム・漫画方面で戦うことはわざわざしない。
それよりも自分の日常を書けば良い。
メンタルに障害がある方が日々の闘病生活を記すだけで
ブログが貴重な広告媒体となっていくのだ。
心療科に通院している方なら
「○○というクスリを飲んで○○した」等の簡単な報告でも
自然な文章のなかにキーワードが溶け込む。
文章量があれば簡単な広告だけでも貴重な広告掲載媒体・被リンクとして
価値があがっていくのだ。※メンタルヘルス系の広告を載せる場合に限る。
■ブログメンテナンス
記事を作成するだけでもなく運営も大事である。
宣伝・スパムコメントの削除・禁止ワード設定
迷惑なコメントをつける者のIP禁止設定などを
日々行わなくてならない。
広告掲載料を貰うのに条件がある場合――アクセス数の維持など――
は適宜対応しなくてはならない。
アダルトサイト誘導のスパムコメントは発見しだいに削除が
必須であろう。当然下ネタを扱うのは禁止。
18禁のにおいを醸し出すサイト・ブログに堅気の広告主は
出稿をためらうからだ。
ほうにょ~ほうにょ放尿♪ボトラーの子♪効果音:ジョボボ~
なんて書いてはいけない。
■広告主・広告代理店を探す
重要な広告主・広告代理店さがし。
膨大なアクセス数のあるサイトなら向こうから掲載お願いの
メールが届くだろう。
だが、数千程度のユニークアクセスなら情報商材・アダルト系
商品を扱う企業・個人からしか誘いがない。
貼り付けた広告がクリックされたら1円の収入となる
クリック保証広告は論外だ。
実際、引き篭もりやうつの方がブログを作成しても
千のアクセスにも届かない。2chまとめサイトお得意の
RSSを利用してのアクセス水増し(もとい訪問者のたらいまわし)を
実行できても難しい。
だけど雑多な話題を扱う2chまとめサイトとは違い専門性があるの
ならまだ光明は見える。
広告掲載の誘いがないのなら自分で広告主を探すか、
小額単位でも取り扱ってくれる
広告代理店に頼み込めば良いのだ。


■交渉用カードを持つ―広告代理店を手助け―
広告主がみつかったとしても、とても少ない金額を提示されるだろう。
基本はアクセス数で相場を見るからだ。
例:来訪者(UU)が1日100人なら月額100円。
しかし、値段を釣り上げられる可能性もある。
そのためには交渉の場にだすカードを用意すればよい。
・設置場所
人目がつきやすい左(右)サイドバー上部・ヘッダー内・
ヘッダーと記事の間・クリックされやすい記事本文直下に
バナーを設置可能にしておく。
・更新頻度の保障。例:2日に一度更新など
・アクセス数維持の保障。
検索エンジン経由をしてきた来訪者が良く使う
ワードも伝えておくべきだ。
「ひきこもり 脱出」「ひきこもり 改善」で
検索してくる人が多いブログを作れたのならしめたもの。
これらを広告主に交渉カードとしてきっていく。
うまく交渉できればアクセス数からみた相場よりも
出稿料をいただけるかもしれない。
※広告代理店に頼んだ場合は以上の点を通達しておく。
月額千円程度なら到達可能な域でありますので、
アフィリエイトが合わなかったなら
月極め広告を狙うのも悪くないと思います。