踏み切り_よいタイミング

バイト先へ移動中、踏み切りを渡っている途中に自転車がこげなくなる。
踏み抜こうとしたが固い。
硬直状態に一時陥るが、ガキュンッと音が鳴りチェーンがはずれて
踏み抜けるようになった。
しかし、はずみで回転したペダルがスネにあたる。
「オオォ・・・」と痛さにすこしの間うごけずにいると
踏切警報音が響き渡った。ほんとうに良い(悪い意味で)タイミングで
このような出来事がよく重なる。
スネの痛さに耐えへっぴりごして自転車を押し遮断機が下りる寸前で
なんとか線路内からは脱出できた。
百円均一で購入した時計を見る。
自転車を押して移動したら出勤時間に間に合わない。
とりあえず裏道に放置。
すこし走ってみるがすぐに息が切れたので早足に変更。
規定の時間前に到着したのだが遅刻扱いらしい。
というのも業務開始前の10分前には待機室に
いなければならないが、なにか理由があるのか
その待機室の入室10分前には外にいなければならず、
20分前には来なければならないのだ。タイムカードを押す
時刻は規定どおりの10分以上前でもなぜか遅刻あつかいされる。
その遅刻扱いの差配も日によってちがう事務方の人によって違う。
今回は遅刻扱いであった。
待機室に入室するとパートのおばさんに「運がわるかったね」といわれた。
どの社員が寛容か否かもう判別がつくのだろう。