425

メガネ面の元金貸し朝鮮人が教祖の新興宗教。
それにハまるのは大抵が無教養の貧困者だ。
私の母も毎日仏壇の前でぶつぶつなにやら唱えている。
先祖よりも実際にあったことがない脂ぎったおやじに向けて
毎日感謝しているようだ。
なにやら唱えればすべてうまくいくものらしい。
私が洗濯物を干しているそばで唱えるのはやめてほしいものだ。
一種の洗脳状態にされかけ、気分がわるくなり吐きかける。
しかし、嫌な顔をすれば精神がおかしくなっている母をさらにおかしく
することになるので表情にはださないように気をつける。
テレビで引き篭もりについて偉そうに語っていた役者の
言葉をまにうけ、引き篭もりは外に強制的にだせば直るものと、
思っている母のこと。本気でぶつぶつとなえればなんとかなると
思い込んでいても不思議ではない。
宗教に入り浸るのならば金の亡者を育て上げる
宗教の信者になってもらいたかった。