エア出勤もしてられないよ。

貧乏ひきこもりなのでクーラーもなし。
保冷剤をくるんだタオルを首に巻きなんとかもっている現状。
最終手段としては、某デパートのトイレに篭ることもできる。
2年前あたりのエア出勤でホームとなった空調が効いている
個室トイレがなつかしい。だが、行けない。
短期バイトとはいえ働ける身となった私に求人誌を
毎週押し付ける母に変に期待をもたせるとあとが大変だ。
すこしでも外出すると、「ここがいいんじゃないの?」なんて言いながら
以前勤めて辞めた地元工場や不合格となったスーパー
などのバイトを進めてくるからだ。
何度同じやり取りをしたか覚えていない。
医者でもないのに薬の服用を止めるからだ。
それでなくとも夏は人が開放的な気分になりやすく
親たちの行動も活発化するのに。
世の貧乏ひきこもりにとっては厳しい夏だ。
どうにか乗り越えてほしい。
私はやばい。