20120830_ヒキでもさまざま

貧乏ヒキのなかでもハンデがあるほうだなーっと
思っていたらもっと過酷な状況にある人が存在した。
例によって掲示板からの寄せ集め情報だけど。
・左手が不自由かつ虚弱体質なので仕事が続けられず貧乏生活に。
障害者認定されず、貯金でひきこもり生活(男)
・両親健在だが、世帯年収母子家庭レベルの知的障害ボーダーヒキ
両親も知的障害の疑いあり(男)
・貧乏家庭出身。長男のため両親弟のため働き続けてうつに。
今では離れで細々とひきこもり生活の高齢ひきこもり。
ここまでは「あるだろうな~」と想像できたレベル。
貧乏体験した人ならば「十分ありえる」と頷けるし、自分も似たような
状況だったと感じ入るだろう。
けれど上記のケースはすべて貧乏家庭出身者。
富裕層出身者なのに貧乏引きこもりになっている人もいたのだ。
・裕福な地主の家に生まれたが父が再婚し、継母が家を半ばのっとり。
父親の態度が急変し、お小遣いももらえなくなり引きこもりがちになり
中退へ。(高校生男)
詳細はよく分からないが、高校生ならばこれから富裕層の力を
存分に発揮し良い環境(学校)で良い塾へ行き
上流コースを辿るはずだったのに・・・同情する。
しかし、他の貧乏ヒキとは違う。
親は大卒であり、富裕層家庭生まれなので文化資本の継承も
なされているだろうと予測される。潜在能力が違う。
奪われ続けてきた貧乏人と与えられてきた者の違い。
なんにせよ自分の想像外である富裕層の転落ケースを
発見できたのは大きい。
富裕層・中流層が「嘘だろぉ」と思うことが本当にある
貧乏の世界。その逆もあるのだろう。