2013 1 28

みかんの皮は干しておくと甘くなるらしい。
2日干した皮を食べてみると柑橘系の渋い苦味しかしない。
頭が痛くなる苦さ。
大東亜戦争時代を生きた方の話では拾ったみかんの皮を
数週間干して甘みがでたところで一回しゃぶり、また干して
最後に食したようだ。干した皮を日中じぃっとみつめて
今か今か、と涎を垂らしていたという。
いま出回っているみかんは皮にワックスが塗られているので
干したものは直接は食さないらしい。みかん茶やふりかけなどで香をつける程度。
しかし、いざとなれば食べられる程度の味だったのでよい発見・体験をした。
食べたあとに腹をくだすのを防げれば良い非常食になるだろう。
砂糖漬けにすればいいかもしれない。