か霊臭

「ドタドタドタドタッ」
家には私ひとり。
なのに元気な子供が駆け回る足音がすぐ近くから聞こえる。
それも真昼間に。
別に心霊現象ではない。
ただ単に裏の家から足音がうまい具合に反響しているだけだ。
しかし、小さな子供を持つ家族は近隣にいない。
年寄りばかりだ。
最近では「見知らぬ男の臭い」がして驚いた。
眠りから覚めると成人男性――つまりいい歳頃のおっさん――の
臭いが漂うのに気づいた。
特に、布団の頭付近の臭いが濃い。
嗅ぐだけで吐きそうなくらいだ。
部屋には微狂乱する母が数回はいっただけだ。
見知らぬ「男」は部屋にあげたことはないし、いないはず。
貧乏神・疫病神というものか霊だろう、きっと。
しかし、対処方なんて盛り塩ぐらいしか知らないし、当の粗塩すらない。
そもそも食塩ですら底をついてきたのに効果が薄いと思われることはできない。
けれどどうにかしないといけないだろう。
髪も抜ける量が多くなってきたのもたぶん霊のせい。
歳だけむだに重ねたのも。
なんとかしなければ。