うす。

五百円硬貨拾ったのに今度は百円玉を拾い申した。
人生の絶頂期が到来しているのかもしれん。
短時間とは言えバイトを始め、すごく変化を感じたこと。
以前なら食パン一枚で一日しのげたのにもの足りなくなったことです。
いまは数万円を家にいれて月に2、3千円の小遣いをもらうようになり
すごくリッチになりました。けれどもいまだに食卓はさびしく安売りもやし
炒めでしのぐ日々。母は元々小食であり年をとってきたのですぐ満腹に、
元父は外でなにかと食にありつける。姉は東京で彼氏とうまいもの食いまくり
なので私が一番飯にありつけない状態だったのれす。
だからなんとか塩をなめてポッカレモンで舌をごまかしても胃はごまかせず、
帰りにコンビニで何かと食物を買ってしまう。なんとかお金を貯めていますが
本当に厳しい。さらには肺がおかしいのか息苦しいのが日中も続くことです。
もともと仕事場においては寡黙なのに胸が苦しくて会話もさらに減ってしまった。
さらに夏到来したので完治していない爪水虫対策用に薬を購入するかもしれません。
少量の塗り薬でも2~5千円クラスばかりなので2ヶ月の節約分が飛んでいきます。
あと少しだけ裕福な家庭に生まれたかった。
またこんなことかくと現実と架空の世界に境界線を引けない宗教ぐるいのコメントが
きたりするのだろうな。神が先ではなく人が先に生まれ神を発明したのが人間である。