ライオン・ビクトリー・トリコロール

自転車通勤の大敵といえば車、そして風だ。
私が住んでいる県は交通事故がワーストランク上位入りであり、
かつ私の住んでいる市もワーストランク上位である。
ほとんどのドライバーが「交通マナー…なにそれ?」な感じの町は珍しい。
その他に問題となるのは風。
雨だけなら濡れるだけですむ。濡れると覚悟すればよろしい。
だが風が強いと自転車で進むより歩くほうがはやいという状況。
台風の日は車と免許が欲しいと心底思う。
働いてお金を稼いでも自分のためにといえば学業と生活費に消えたの
だから仕方がない。とはいえずっと粗食で安アパートぐらしなのに
金がないのは異常である。
・選挙が近づくと親は「活動」する
選挙が近づくと教主さまのために母・元父は走り回る。
物心ついた頃から親は政教分離という概念を無とせしめる
新興宗教に熱している。惚れている。
とある日にテーブルに投げ出されていたクリアファイルを見ると、
そこには「投票予定者」のリストであった。
家族構成単位でまとめられ横には見込みとしてなのか赤丸と黒文字の○が
付け加えられている。リストを読んでいくと一番最後に私の名前が載っていた。
まぁ、そうだよな~としか思わない。選挙の開示前にある程度どこが当選するか
あたりをつけられる程度の情報網と使える人員がいる新興宗教なのだから。
比較するのは失礼かもしれないが国家元首クラスが情報網を形成している
バチカンなんて世界を掌握していてもおかしくないのだろう。
新興宗教とは規模がちがう。流石バチカン。
だが排他的にならざるをえない一神教は好かん。