ヒキでもできた求人

論文指導ができないのに論文指導の看板を立てたヒキです。
実際に指導を行う人は実は各sohoサイトで見つけていました。
大手sohoサイトだと仲介料5万とかするのでマイナーなサイトを
めぐってました。詳細な事柄説明は後でまとめるとして報告します。
はじめての応募者
サイトを公開してからおよそ1ヶ月が経つ。
まだ文章で他業者との利点もうまく説明できていないうえに
差別化対策もまだ練っていない状況。
なのに設置してあったメールフォームから「お問い合わせ」がはじめてありました。
問い合わせがないと記事にしたばかりなのに。
しかし、そこはリアル。論文指導のお仕事依頼ではなかった。
いわゆる登録スタッフの申し込みだ。
soho募集サイトとは別にみずから人材を獲得しなければならないと
思っていたのでサイト内に求人広告を載せてはいたが、
企業でもない個人事業主のサイト。それも電話番号は携帯だけ。
特定商取引法に基づく表記は遵守していたがFAX番号もなく
提携・取引企業もない信頼度ゼロであったので期待などしていなかったのに。
高学歴で教養もある人が私が作成したうさんくさいページを見て
応募してくださったのだ。どんだけ不況なんだよ。