ああああさいきんのことあああああ

奨学金の猶予期限が迫ってきて問い合わせ。
減額の相談・書類作成。
申請が通るかどうか祈っているときに母から
いい加減髪を切れとのお言葉。
お金が勿体ないからとぎりぎりまで伸ばしていたのだ。
うつが静まり調子がよいのか母が散髪してくれることになった。
四捨五入で三十路の男がゴミ置き場の路地裏で俯きながら
髪を切られる。なかなかに笑える光景だ。しかし、もっと笑い泣ける
展開になった。
つまり母の散髪は失敗した。
俯いていた顔をあげ手鏡を見てみると前髪がバッサリ落とされているのが
見えた。手で後頭部を触ると異様に薄い。髪の毛が立ち手のひらに強く押しつけ
られる感覚。部屋にもどり良くみてみるといかにもな不良の髪型。
天然そり込みがはしっている私からすると戦に破れた落ち武者顔になる。
ざんばら髪の短いver.
いつ火がつくか分からない爆弾もとい母に文句は言えなかった。