社会学では説明しきれない無知な引き篭もりの起業の謎

PAK86_meganewo1039.jpg
呪!初音謂わせ!ではなく。
祝!初問い合わせ。
旗艦となるウェブサイトをサーバーにアップ。
検索エンジンに登録されてから実に半年でようやくお問い合わせが届きました。
流石というか、いつものごとくタイミング悪く、家庭が荒れて私が家事+
母のフォロー+犬の世話をしてあっぷあっぷしていた時期に問い合わせをいただきました。
ありがたい。嫌味ではなく。
もう、Windows Liveメールを立ち上げて「新着メッセージなし」を確認する
お仕事は嫌だお!状態。
だったのですが、2週間ほどぶりに覗くと丁度当日に
新着メッセージが届いていました。
届いていたメールはデータあつめのために設置していた便利屋のフォームから
送信されたらしい。と、いうことは本命のサイトからは一切反響がないという。
メールを読むとなぜか簡単な浮気調査ができますか?とのご相談。
読むと相談者はなかなか複雑な環境におかれている様子。
結局、手に負えないのでブログを読み漁って信用できると感じた業者を
紹介しました。ちゃんと提携していれば2~3割の仲介料を頂戴できたのに
体制を整えられなかったのが落ち度。
後日、紹介した業者のブログを覗くと無事に依頼を処理したと書かれていました。
こちらは事情を知っているので該当する依頼がすぐに判別がつきます。
すこし行動を起こせば小銭とはいえ収入が発生できたのに…
しかし、収穫はありました。
問い合わせがあった便利屋サイト内サービスカテゴリページには他のページにはない
ものを設置していたのです。
それはなにか?
もし、知りたいのなら↓こちらのフォームから
7日間の集中ステップアップセミナーを受けてください。濃いですよ。
「 病即で稼ぐ 堕ちこぼれヒキニートから100マソペリカ 」
[ ここいらでスーツを着たドヤ顔の男性写真 ]
ま、ネタをわると「実績・事例」を書きました。
もちろん一度も受注していないので捏造です。
それも丁寧に細部まで捏造しました。
依頼主が男性か女性か。
困っていたことはなにか。
依頼に対してのアプローチ(工作)の仕方。結果。
結果から依頼主の気持ちはどうなったか?
依頼して良かったかどうか?など、捏造に捏造を重ね、
某K国の人たちでさえ土下座してイルボンを貶めるためにソチの
パワーが必要ダニ。なんて請われてしまうような捏造を。
他のサービス説明ページでは該当サービスについての
補足説明からちょっとした小ネタ記事を設置していました。
文章量では他に大きく劣っているのに問い合わせがあったのは
実績・事例を記載したサービスだけ。
ま、それだけなんですけど。
実際に底辺が試して実感したことです。
過去のブログ記事を参照してもらえば理解できると
思いますが、私はニート・ひきこもりを経験して
オッペンハイム卿(幻覚)が見えたりしたほどの人間です。
なので、頭がちゃんと働いている方が行動を起こせば
小銭程度楽に稼げるんじゃないかと思います。
思わないと思います。