NA○ERまとめとチョソな人々

turi_wafuku.jpg
あのねーぼくがねーやくにたったとおもうさいとがねー
じゃないさいととねーくべつしたよー
あくまでていちのうしゃからのしてんだよー
なお、以下の評論もどきは低能ひきこもりが商売で有益な情報
を見つけようとして感じたことを述べただけであります。
なので良質な文化資本を継承した方。←当人に自覚はないと思われます
社会的地位や知能指数が高い方にはあてはまりません。
中流家庭から社会人になり、独立した方の体験談。
商売を受け継いだ―お膳立て状態からの―2代目3代目の組織論。
これらはまったく役に立ちません。
基礎的な部分は学べますがそれだったら
書籍を読んだほうが手っ取り早い。
反対に以下のような方の情報はとても有益となります。
ポイントサイトで小銭を稼ぎつつ、ネットショップを持つに
至った元ニートの体験談。
商売素人であり、コネもなく社旗経験すらない。
なのに1万円も元手がない状況から起業をして糊口をしのいでいる
元ひきこもりの商売構築論。
自分と似たような環境・類似状況から一歩先をあゆんでいる方の
言葉こそが金言であるのです。
商売の神様のお言葉よりも。
■2chまとめサイト
まったく使えない。無駄。うんこ。
起業・副業などの金策系スレッドをまとめているサイトがあるが、
ほとんど実のある話はみつけられない。
それでも情報源が2chまとめくらいしかないのであれば
まとめられる前の元スレ(元のスレッド)を閲覧するしかない。
なぜならまとめられた記事はまとめサイト運営者の恣意的な解釈で
書き込みの取捨選択が行われるから。
つまり閲覧者にとって益となる書き込みが削られる可能性が高いからだ。
そしてその可能性を高めているのがまとめサイトの基本姿勢。
まとめサイトのアクセス流入の基本対策としてあげられるのが
RSSによるアクセストレードとアンテナサイトだ。
あたらしく記事を書き、アップするとリンクしているサイトのRSS枠に
表示され、アンテナサイトの新着記事にも登録される。
結果、アクセス経路を広げ閲覧者を呼び込める機会を得る。
だからこそスレをぶつ切りな状態で終わらせる不自然な記事が多い。
非自動まとめサイトだったら大体200レスまでの記事が大半だ。
ツールをつかってアンカー付きのレス(書き込み)を自動整理しても
スレとは無関係な政治的なレスを削除し、面白いと思えるレスを残し、
文字の色・大きさを調整しなくてはならない。
文字置換ツールを使ってもゴミレス※1をきれいに取り除くのは難しい。
レスの食い違いが起こってしまう可能性があるのだ。
※1 ゴミレス
―スレッドの話題とは無関係な書き込み・低レベルな書き込み
まとめサイトの運営者は記事を更新する時間を決めていることが多い。
これは連続して記事をアップしてしまうとRSS・アンテナサイトの
新着記事枠を埋め尽くしてしまうのを防ぐためである。
各アンテナサイトでも対策は採っており、表示制限が設けられてはいるが、
ほかのまとめサイト運営者に「多更新」サイトとして嫌われるので、
回避するため記事の投下時間を決めている運営者がほとんど。
なお、中級者は自分のサイトへ来訪する閲覧者の属性を見極め、
どの時間帯で記事を更新すればアクセスが増えるか知っているので
無駄な多更新はしない。
ひとつのスレッドの書き込み数は1,000。
目視作業ではなかなかきつい。
満足いかないまとめ・編集であっても記事を更新しなければいけないので
未熟な記事が巷に溢れる。運営者も慈善でアホみたいな書き込みを
まとめているわけではないのだ。
現行スレッドのまとめ権は奪い合いダー。
運営者側の理由とは別に、書き込みをする側の問題もある。
2chで書き込むのはほとんどが労働者である。
自称起業家・脳内起業家も吐いて捨てるほどいるうえに、
5,6年まえの情報を最新のものだと思い込んでドヤ顔で放り投げてくる
輩ばかりなので信用に値しない。
基本、ゴミがいくらあつまってもゴミな情報しか現れないので
見向きもしないのが一番。
散々貶めているが2chに入り浸っていた時期があり、
さらには2chまとめサイトを運営していたのが私です。
■YAHOO知恵袋・MSN相談箱などのQ&Aサイト
答えが明確な事柄についてだけは使える。
しかし、意味のない回答ばかりが続いたり、恣意的で使えない。
おまけに『OKWave』のパートナーサイトとして中身が同じなQ&Aサイトが
複数あるのでそれを知らないと無駄にサイト巡回するはめになる。
別サイトであるのに、同じ質問・回答を何度も見るのはこのため。
デジャウでも思い違いでもない。
コンテンツとして質問・回答を横流ししているだけ。
ミラーサイトじゃないよパートナーサイトだよ。
ここ重要。
参照:「パートナーサイト」とは何ですか? – FAQ – OKWave
ほとんど自分に合う回答は皆無なため、
知恵袋の伝家の宝刀「そんな質問をする時点で~」で
刀傷を負うまえに辞書を引くか、各種専門サイトを覗こう。
■ライフハック系サイト
当たり前の事柄を希釈して薄めて飲んで吐いたモノを
みせつけるサイト。それもノマド風に、ときにデザイナーをきどって。
起業・商売の有益な情報はない。
ライフハックサイトは大多数の人間を相手にしてナンボである。
なので一般的な状況環境にある人間、つまりフツーな人間には
しっくりと来るだろう。しかし、アウトサイダーな引きこもりや
元手がない状態・ホームレスから身を起こそうとする方々には
屑としか思えない情報ばかりだ。
当の書き手がまず商売人ではなく雇われ身分なので仕方がない。
大勢の人間に興味を抱かせ、読ませてためになったと思わせるのが
ライフ八苦サイトだからだ。
「起業とは?」「誰もが見落とす起業するのに必要な8つの要素」
なんてゴミ情報を量産してアクセスを増やすのが基本方針なのだろう。
記事を閲覧中は「その気」になっているが読み終わったあとに、
自分がこれからするべき具体的な行動を取れない。知れない。
このパターンを味わえるのがライフ八苦系サイトの醍醐味である。
■NAVER まとめ
3次4次情報ばかり。
どこからか引っ張ってきた文章のリライトばかりで
1次とはかけ離れ変質してる情報ばかり。
それでもまだ良いほうで、サイトのURLを連ねただけの
哲学的深遠に誘うまとめもある。
まとめる側であるユーザーも報酬狙いと割り切っている方が
大半なのかクズ情報のごった煮でもかまわず提供。
クソを汚れをクソで落とす阿鼻叫喚な世界。
運営が公にステマまがいをするちょっとアレな世界でもある。
元々が韓国企業なのでパク・リーばかりダニ。
■やたらブックマークがついている記事ばかりのブログ
はてなダイアリーに多い。
1を10にも参にもして難解にすることに定評がある。
起業についての感心が高いのか議論は活発だが、実際に
起業した方はすくなく机上のクーロンばかり増殖される。
はてなブックマークをつける業者やサークルも暗躍しているので
クズ情報でも日の目にあたれる世界。
■ふつーの会社員から起業した方のブログ
さわやかな顔写真を表示し、子ども自慢をさらっと
する商売人のブログはホントーに役に立たない。
ブランディングを狙っているので独自の尖った意見がまったくなく、
当たり障りのない無難な意見・体験談しか記事にしない。
それでもアクセス数が膨大であったりする。
ビジネス関連の書評もしたりするがこれまたアマゾンで
仕入れたかのような薬にも毒にもならない評論ばかり。
それでもアクセス数はある。
特に、2代目3代目のブログは目にしないのが吉。
この方々はジバン(地盤)カンバン(看板)カバン(鞄)を
継承した殿上人であらせらえるので庶民とは感覚が違う。
苦労したといっても生き死に関わることでもないし、
いざとなったら安全圏に退避できる能力を親から文化資本として
受け取っているので貧困の系譜を紡いでいるアウトサイダーから
見ればクソな情報を垂れ流す膿む機械でしかない。
情報の質がいくら高くても受け取る側が劣っていると
良質な情報でさえ悪質な情報に変化するのだ。
■法律相談Q&Aサイト
知恵袋とは違い、弁護士・司法書士・行政書士が
回答者となるサイト。まぁまぁ使える。
専門家なので根拠を明示してくれるので安心感がある。
答える側である法律家の顔写真も表示されているので
知恵袋のように阿呆な回答はしない。
注意するのは法律の穴・グレーな領域についての
話題はあてにならないし教えてくれない点

なぜなら弁護士先生も商売だから。
宣伝もかねて無料相談をしているのだ。
クリーンな印象を与えておかないと飯の種にありつけない。
顧客になる可能性の低い無料相談者に抜け穴を教えて
利益を与えるか、クリーンな印象を崩すことにより
多数の潜在的顧客に不快感を与えるのか。
考えるまでもない。
風俗・請負・派遣に関する質問をしても通り一辺倒の
答えしかかえさない。その抜け穴をつかって大企業までもが
事業を継続していても商売につなげるために正直に答えない。
つまり、グレーな事柄については自分で調べろと暗に伝えているのだ。
または、「相談料を払ってくれたらいくらでも教えてやる」と。
察してください。
~~~良質情報の壁~~~
■元ニート・ひきこもりの方のブログ
ストーリーライティング技法で叙述的に惑わす
エセ元ニートは除外する。
やはり同じ穴の狢から這い上がった方のお話はためになる。
スタートがキャリアもコネも金もない、おまけに親も貧乏である
元ニートの言葉は金言である。
なぜなら、自分と類似した環境からの体験であるので
先達の失敗を踏襲する可能性が高いからだ。
先立って失敗例を知ることで痛手を回避することができる。
これが一般人や金持ちニート・エリート落伍ニートだとそうはいかない。
持てるモノが違い過ぎるからである。
残念であるのはこの手のサイト・ブログはすぐに
閉鎖される傾向にあるということ。
私が参考にしていたとある元無職の方のブログも
いつのまにか閉鎖され、キャッシュも削除されていた。
車にいらない服を詰め込み、フリーマーケットに出展。
数万円を稼いで本格的に衣料販売業を立ち上げていく
過程を記したブログだったのだがもう読めない。
archive.orgでさえ閲覧できない。
共通点
元ニート・元ひきこもりの起業者は、
やはり根が似たり寄ったりなのか数記事だけをアップし、
すぐさま消えるパターンが定着している。
運よく見つけても更新停止状態はざらである。
■不遇な環境から脱サラ起業した方のブログ
独立ができるほどの脱サラ者は除く。
私のように低レベルの人間にとってとても有益となるのは
リストラされて仕方なく起業した方の情報だ。
独立できるような有能な人間の情報は理解できないので
ゴミでしかない。だが、肩たたきに遭った人間の体験談は宝玉の如し。
この手の方は律儀に体験談をブログに記してあるのでありがたい。
起業に至った経緯も詳細に書かれていたりもする。
でもしか起業家でも
妻や子どもを養うために起業しましたって感じがムンムンと伝わる
ブログはとても良い。
ビジネスマンとして基礎ができていたとしてもそれは雇われ者。
経営者としては初心者。
なのでブログの初期は四苦八苦する展開がつづく。
だが、ある時期を境に事業が軌道に乗り始めたりするのだ。
苦悩・失敗例も描かれているので読み込むのに値する。
しかし、成功例などは当たり前だがそのまま転用はできない。
リアルタイムで進行しているブログに出会える可能性は低いので
いざ見つけたとしても数年前の情報だろう。
むかしは有効な手でも今は使えない手ばかりなパターンはあるある。
けれども大企業の会社員や公務員のブログよりは大いに役に立つ。
偉大な先達である。

NA○ERまとめとチョソな人々” に対して1件のコメントがあります。

  1. はじめまして。
    仕事中にこっそりとブログを拝見しています。
    そうなんですね!
    たしかに二代目、三代目の人のブログを読んでも、それって自分のチカラかしら?と思うこともあったので、これからは素通りするようにします!

この投稿はコメントできません。