答えられない奴らの仲間にはならない。

ひきこもり・ニート状態でもできる仕事はないかと問われ、
紋切り型のフツー過ぎて毒にもクスリにもならずただの
「害」しか与えられない人間がいます。
そのような人間や集うサイト・掲示板には関わらず、
新天地を求めたほうがアナタのためです。
「ひきこもりでも稼ぎたい」
「じゃぁ、これすれば?」

株・FX・アフィリエイト・せどり(ネット上で完結するレベル)
ポイントサイト・メール受信・動画広告。

これらの方法以外はないのか?と、質問をして
「だから引きこもりは」「基本、仕事は人との交流から生まれるものだ」
「コミュコミュコミュコミュコムヌケーソン」「アンダーソン」等という人間は
これらの方法しか思い浮かばない戦士階級なのです。
前線でばりばり働いて組織のなかでうまく他人の足を適度に引っ張り、
貧乏くじを引かないように誰かに責任を間接的に押し付ける一般的な
正常な人間の思考なのです。だって在宅で、ひきこもりニートでもできる
仕事をちゃんと真剣に考えたことなどない人たちであり、考える必要も
ない人たちだからです。
実は在宅でできる仕事はほかにもたくさんあります。
一見、外出して他人との交流が必要だと思われる仕事でも家で
できちゃう仕組みがあるものです。
つい最近おぼえた情報入手方法で、サイト売買仲介サイトに潜り込み
ノウハウの一部を聞き出すということをしていました。
それで驚いたのがネイリスト派遣サイトが在宅でも運営できるという事実でした。
ネイリストを派遣するといっても請負形態で派遣です。
各家庭に出張して爪のケアをする形態ですね。
だから運営者の実務はネイリストを集め、仕事を取るために営業を
かける事だけ。サイトももちろん更新していかなければなりませんが
作業量としても1度雛形を完成させればなんとかなります。
サイト購入希望者として外出・他人と会う機会があるのか聞き出したところ
ほぼないそうです。
では、実際に現場で働いてくれるネイリストはいるのかどうか
聞いたところ、これも問題ないとのこと。
プロのネイリストも仕事にあぶれているので募集をかければ応募が殺到する
そうです。
サイト運営者のする実務は基本、人材の横流しです。
初期サイト構築段階でも人と会う機会はなかったもよう。
実態は、仲介業者です。
何も知らない人から見れば在宅で仕事するなんて無理だろと
思われがちなサービスでも中身をのぞけばこのようなものです。
侮蔑するため、自分の体面を守るために
「ひきこもりでもできる在宅仕事はない」との
「自分の頭では考えられませんでした」アピールする奴らの
言葉を聞く必要はありません。
ただ、自分で在宅でできる仕事を見つけても、表面上は
「あ~やっぱり都合の良い仕事なんてないんですね、
きちんと就職できるよう頑張ります」
と返答し、組織人脳を持つかのように装うのが最善でしょう。