驚愕!ハローワークのURLに隠された謎――なんかない。

ハローワークのURLに含まれる「go」

これってウダウダいってねーでハロワに「行けっ」という意味…
だと謎を解明した気になってたけどそうではなかった。

GOは “government” (「政府」の意)の略。
引用元:GO.JPドメインとは
ttp://e-words.jp/w/GO2EJPE38389E383A1E382A4E383B3.html

ジーコがねじ巻きまわすCMあったよね昔に
貧困家庭の人には重大な出来事。

それは家族が事故に遭うこと。

そうではなくても重大だが、危機的状況に陥る可能性が
きわめて高いのが貧乏な方々だ。

なんといっても保険金がおりるまでのあいだは辛い。

私の場合

倒産ばかりする会社につとめる元父。
昔よりは態度がよくなりお金を持ってくる機会も増えたが、
プラスマイナスゼロ。食費が1人分増えたので結果的にマイナス。

なので母はたまに派遣のアルバイトにでかけていた。
そのようななかで事故に遭い、バイトができない状態に。
いままでぎりぎりの家計状態であったのだから混乱する。

食費も底をつきそうだ。
食料がないことに耐えかねた私が貯めたお金を出したことも。

スーパーでバイトをしていたので時期によってどの時間帯に
半額にするかは読めているので、夕方頃になるとひきこもりなのに
買い物にでかける。

簡単な物しかできないけれど料理・調理を
するのはいつも私。気分が悪く寝込み、買い物ができなかったときは
冷蔵庫にあるものをかき集めてしのぐしかない。

食料を買ってくると有無をいわさず食す姉は自分で常備している
カップラーメンを食べる。

貧乏人あるあるのひとつ。

当然のことながら姉も食べ物がない家庭で育ったので
近くに食料がないと落ち着かない性格になってしまったのだ。

私もお金が豊富にあればきっとそうなっていたであろう。
食はどうにかなったが家賃が払えない。

元父はこのような状態なのに金をせびるし面倒だ。
結局は母が退院してからお金を借りることになった。

いわゆる借金だが、要因が事故であっても利子は請求できないらしい。
貧乏人はさらに貧乏になる仕組み・常識・道徳があちらこちらに潜んでいる社会。